施工管理の窓口|施工管理の「知りたい」を解決するメディア




銅バーとは?選定方法、許容電流、規格、締め付けトルク一覧など

  • 銅バーってなに?
  • 他の呼び方は?
  • どうやって選定すればいいの?
  • 許容電流は?
  • 規格を知りたい
  • 締め付けトルクって?
  • メーカーはどこがあるの?

上記のような悩みを解決します。

銅バーは配電盤の重要な部品です。電気工事に携わる人なら必須の情報ですので、基礎知識を抑えておきましょう。

この記事では銅バーといったところから、呼び方、選定方法、許容電流、企画、締め付けトルク、メーカーなどについて解説していきます。

なるべく分かりやすい表現で記事をまとめていくので、初心者の方にも理解しやすい内容になっているかなと思います。

それではいってみましょう!

 

銅バーとは?

銅バーとは、結論「盤の内にある導体のこと」です。

まず電気設備の大枠を説明すると「電柱受変電設備配電盤→負荷」という流れになります。この中で「受変電設備配電盤→負荷」の部分に着目してみましょう。

ケーブルは下記2種類がありますよね。

ケーブル2種類

  • 受変電設備から配電盤までのケーブル
  • 配電盤から負荷までのケーブル

配電盤の中でこのケーブル同士を接続する必要があります。ただジョイントするだけでは安全設備に問題がありますので、ブレーカーが必要ですよね。

「受変電設備からのケーブル→主幹のブレーカー→銅バー→分岐のブレーカー→負荷までのケーブル」という順序で接続されます。

要は主幹のブレーカーと分岐のブレーカーの間に来るのが銅バーという訳です。

抵抗が大きければ大きいほど、電圧降下が発生し、電流の値は小さくなります。「受変電からのケーブル」と「負荷までのケーブル」を接続する導体は、抵抗が小さい方がいいです。

そこで採用されるのが銅であり、銅バーとなります。

 

銅バーの呼び方

銅バーは「ブスバー」と呼ばれることもあります。

英語で銅バーのことを「bus bar」と呼ぶからです。バスバーと呼ぶ方もいます。個人的には「銅バー」と呼んでいる人が多いかなという印象です。

また、アースを接続するバーのことを「アースバー」と呼んだりします。

銅バー以外にも配電盤の中には多くの部品が組み込まれていますので、合わせて抑えておきましょう。

 

銅バーの選定方法

銅バーは流れる電気の大きさと断面積によって決定します。

簡単な話、断面積が大きければ大きいほど流せる電流の大きさは大きくなり、断面積が小さければ小さいほど電流の大きさは小さくなります。ケーブルと一緒ですね。

大きいものになると、それだけ盤の中のスペースが必要になります。

盤を大きくするとなるとお金もかかるので経済的ではありません。ただ小さすぎると機能しない、といったところで適切なサイズを選定する必要があります。

具体的には下記です。
電流の大きさ 断面積
100A 40mm2以下
225A 112mm2以下
400A 222mm2以下
500A 333mm2以下
1000A 833mm2以下

 

銅バーの規格と許容電流

ちなみに許容電流はJIS基準です。

1000mmタイプ

高さ 長さ 断面積 許容電流
14 2.3 1000 32.2 96
18 3 1000 54 135
15 4 1000 60 150
20 5 1000 100 250
20 6 1000 120 250
28 6 1000 168 336
28 8 1000 224 400
50 8 1000 400 630

 

1500mmタイプ

高さ 長さ 断面積 許容電流
14 2.3 1500 32.2 96
18 3 1500 54 135
15 4 1500 60 150
20 5 1500 100 250
20 6 1500 120 250
28 6 1500 168 336
28 8 1500 224 400
50 8 1500 400 630
14 2.3 1500 32.2 96
18 3 1500 54 135
15 4 1500 60 150
20 5 1500 100 250
20 6 1500 120 250
28 6 1500 168 336
28 8 1500 224 400
50 8 1500 400 630

 

1700mmタイプ

高さ 長さ 断面積 許容電流
50 10 1700 500
75 10 1700 750
100 10 1700 1000

 

銅バーの締め付けトルク一覧

サイズ 圧着端子 端子台 配線用遮断器 漏電遮断器
2.5 0.4
3 0.5 – 0.6 0.5 0.5 0.5
3.5 0.7 – 0.9 0.8 0.8 0.8
4 1.0 – 1.3 1.2 1.2 1.2
4.5 1.5 1.8
5 2.0 – 2.5 2.0 2.0 2.0
6 4.0 – 4.9 2.5 2.5 2.5
8 8.9 – 10.8 6.0 5.5 3.5
10 18 – 23 10 10 10
12 31.5 – 39.5 14 14 14
16 78.5 – 98 25

 

銅バーを制作しているメーカー

銅バーを制作しているメーカー

  • 日立金属ネオマテリアル
  • 日洋工業
  • 和田製作所
  • ホシモト
  • オサダ

 

銅バーに関する情報まとめ

銅バーに関する情報まとめ

  • 銅バーとは:盤の内にある導体のこと
  • 銅バーの呼び方:ブスバー、バスバー
  • 銅バーの選定方法:電気の大きさと断面積によって決定
  • 銅バーの許容電流:96A〜630A
  • 銅バーの規格:上表参照
  • 銅バーの締め付けトルク:上表参照
  • メーカー:日立金属ネオマテリアル、日洋工業、和田製作所

以上が銅バーに関する情報のまとめです。

一通り銅バーの基礎知識は理解できたと思います。

銅バーは配電盤の中に組み込まれます。配電盤に関する知識をつけておけば、銅バーに対する理解も深まると思います。

下に分かりやすい記事を書いておくので、よかったら読んでみてください。

それでは!

Return Top