施工管理の窓口|施工管理の「知りたい」を解決するメディア




【結論:素材】セメント・モルタル・コンクリートの違いを解説する

セメント・モルタル・コンクリートの違い

セメント・モルタル・コンクリートの違いは、結論「素材」です。

具体的には下記の様な違いがあります。

セメント・モルタル・コンクリートの違い

  • セメント=接合材
  • モルタル=水+砂+セメント
  • コンクリート=水+砂+砂利+セメント

セメントとは、簡単に言えば「接合材」です。

対してモルタルは「水と砂とセメントを混ぜたもの」であり、コンクリートは「モルタルと砂利を混ぜたもの」です。

コンクリートとモルタルの素材になっているのが、セメントという訳です。セメントに水と砂を加えればモルタルになり、更に砂利を加えればコンクリートになります。

混ぜる素材が異なるのが、セメント・モルタル・コンクリートの違いです。

 

セメントとは?

繰り返しになりますが、セメントとは「接合材のこと」です。

水と混ぜて接合材の働きをしたり、モルタルやコンクリートの原材料になったりします。

シンプルに接合材として使う場合は、水とセメントを混ぜて使用します。セメントはただの土の様なものですので、単体では接合材としての役割は果たしません。水とセメントを混ぜ、接合部に塗ることで接合材としての役割を果たします。

また、モルタルやコンクリートの原材料としても、接合材的な役割を果たすんです。

モルタルを作る時、水と砂だけでは互いが強固にくっつきませんよね。セメント(接合材)が無ければ、バラバラになってしまいます。水と砂をくっつける働きをするのがセメントです。

ハンバーグのつなぎをイメージすると分かりやすいかもしれません。

それぞれが崩れないように存在するものです。

基本的にセメント単体で使用することはありません。何かと何かとの組み合わせにおいて使用されます。素材ですので、モルタルやコンクリートと比較すると用途は広くなります。

 

モルタルとは?

モルタルとは、結論「水と砂とセメントを混ぜたもの」です。

ほぼほぼコンクリートの様なものですね。違いとしては強度が挙げられます。モルタルはコンクリートよりも強度が低いです。

先ほども言った通り、コンクリートはモルタルと違って、砂利が混ざっています。砂利は砂と比較すると粒が大きいですよね。粒が大きくなることにより、しっかり噛み合って強度が上がります。

だからコンクリートが躯体に採用されていたりします。対してモルタルは躯体に使われることはありません。というのはやはり強度が弱いからです。モルタルは建物の重要な部分を担うというよりも、埋め戻しなど、局所的なタイミングで使われます。

また、コンクリートにはコンクリート業者があり、業者が持ってきたコンクリートをそのまま打設すれば大丈夫です。

対して、モルタルは大規模な打設というより、埋め戻しなどに使われたりします。バケツで調合するので、職人のさじ加減で水の比率が変わったりするんです。

水の比率が変わりますから、強度にもバラツキが出ます。

 

コンクリートとは?

コンクリートとは、結論「水と砂と砂利とセメントを混ぜたもの」です。

ここでもう一度おさらい

  • モルタル:水+砂+セメント
  • コンクリート:水+砂+セメント+砂利

「モルタル+砂利=コンクリート」と覚えましょう。

コンクリートは圧縮強度に優れます。圧縮強度とは、要するに「上にどれだけのものが乗っても大丈夫か?」という話でして、支えられる重さのことです。建物では、人もそうですが大きくて重いものも置かれます。床がコンクリートになっていることで、重いものも支えることができるんです。

デメリットとしては、ひび割れしやすい点ですね。

これも粒が荒いことと関係していますが、モルタルと比較するとコンクリートはひび割れの可能性が高まります。意匠的な問題も発生しますし、放っておけば建物全体の強度にも支障が出ることもあります。

価格の違い関しては一概に言えません。

施工する職人によって微妙に水の量などが変わったりするので、概算を出すのが難しいんですよ。ただそこまでコストは変わらないと思います。

 

まとめ

まとめ

  • セメント=接合材
  • モルタル=水+砂+セメント
  • コンクリート=水+砂+砂利+セメント

以上がセメントとモルタルとコンクリートの違いです。

それぞれについて詳細な記事を作成してあるので、よかったら読んでみてください。それでは!

>>>>>セメントとは?

>>>>>モルタルとは?

>>>>>コンクリートとは?

Return Top