施工管理の窓口|施工管理の「知りたい」を解決するメディア




雑工とは?仕事内容、キツイところ、給料事情などを解説する

  • 雑工ってなに?
  • どんな仕事をするの?
  • キツイ?
  • どんなところがキツイの?
  • 給料はどれくらい?

上記のような悩みを解決します。

現場では必ず必要になってくるのが雑工さんです。

ネットには雑工に関する記事が少なく、また、現場感の無い記事が少ないような印象を受けました。そんな経緯で当記事を執筆します。

なるべく分かりやすい表現で記事をまとめていくので、初心者の方にも理解しやすい内容になっているかなと思います。

それではいってみましょう!

 

雑工とは?

雑工とは、結論「工事現場のなんでも屋さん」です。

現場では各分野の専門的な技術を持った人が集まります。電気だったら電気のプロが入り、鉄筋だったら鉄筋のプロが入ります。

対して、雑工さんは専門的な技術を有しません。

それぞれの専門業者は自分達の工事を行いますが、現場では専門的な技術を必要としない仕事も必ず存在してきます。

例えば、現場の掃除をするのは専門的な技術を必要としませんよね。

このように現場では専門的な技術を必要としない仕事がちょくちょく発生します。そこで「なんでも屋さん」である雑工が現場に入り、細々とした仕事をこなすんです。

どの現場でも必ず必要になってくる仕事ですので、需要は常にある仕事ですね。

似たような仕事で「多能工」という仕事もあります。似ているようで違う仕事ですので、違いを抑えておきましょう!

 

雑工の仕事内容

雑工の仕事内容

  • 場内の掃除
  • 資材運びのお手伝い
  • 仮設関係の整備(扇風機を置いたり)
  • ハツリ
  • コンクリート打設
  • その他
まず大前提として、雑工の仕事は多岐に渡ります。

あくまで一例だと考えてください。

現場ではイレギュラー的に「これをやってくれる人が欲しい」というのが都度出てきますので、日によって仕事内容は異なります。

僕が働いていた現場では、鉄筋の結束なんかもしていましたね。

鉄筋屋さんがヘソを曲げて、鉄筋の仕事をしない。。。そこで雑工さんがサポートとして、仕事をすることになったという流れです(笑)。

とにかく色んな仕事をするので、飽きないといえば飽きないかもしれません。

 

雑工のキツイところ

雑工のキツイところその①現場での立場

雑工のキツイところその①は「現場での立場」です。

現場では謎のカーストがあります。躯体業者が偉くて、サブコンは偉くない。。。といった格好で、謎のカースト構造があるんです。

雑工さんは、カースト低めになります。

簡単に言えば「あまりいい扱い方をされない」という話です。

意地悪な職人さんがいたら、大声で怒鳴られたり、バカにされたりすることもあります。昔と比べれば最近は少ないかとは思いますが、そういった傾向があるのは事実です。

 

雑工のキツイところその②専門的なスキルは身につかない

雑工のキツイところその②は「専門的なスキルは身につかないこと」です。

『オールマイティに幅広いスキルを身につけられる』と求人なんかでは書かれていたりします。ただ現場の雑工さんを見た感覚で行くと、逆です。

メインではなく、あくまでサポートですので、専門的なスキルは身につきません。

どれも中途半端にやるので、鉄筋のプロになれる訳でもありませんし、足場のプロになれる訳ではありません。スキルが身につきませんので、将来的なことを考えれば雑工を選ぶというのは微妙な選択だと思います。

 

雑工のキツイところその③体力

雑工のキツイところその③は「体力」です。

まず新築の現場だとしたら、空調機はありません。夏は暑いですし、冬は寒いですので、肉体的に負担がかかります。また、基本的に立ち仕事ですので疲れます。

加えて雑工さんは、現場でのイレギュラーに対応するのが仕事です。

毎日何をやるか分からないというのは、精神的にも疲れます。

雑工さんは精神的にも肉体的にも疲れる仕事です。

 

雑工の給料事情

雑工の給料は、結論「日給1.0万から1.8万」です。

建設業経験の無い方なら、日給1.0万だと考えましょう。1日8時間働くとしたら、時給1250円程度ですので「ちょっと給料の高いバイト」レベルですね。

月に20日働くとすると、月給は20万。年収換算すると、ボーナス込みで300万円弱という計算になります。普通に生活はできますが、高い給料という訳ではありませんね。

サラリーマンの平均年収は440万ですので、100万以上は低いということになります。

経験者で現場経験を詰むと、日当は1.8万程度です。同様の計算をすると、時給で2250円でして月給は36万、年収換算すると432万円という計算になります。

ちょうどサラリーマンの平均年収くらいですね。正社員として雇用され、ボーナスが入れば超えてくるかもしれません。

全体的な評価としては、サラリーマンの平均年収よりは少し低いかなといった印象です。

 

雑工に関する情報まとめ

雑工に関する情報のまとめ

  • 雑工とは:工事現場のなんでも屋さん
  • 雑工の仕事内容:場内の掃除、資材の運搬、ハツリ、他
  • 雑工のキツイところ:現場での立場、専門性が身につかない、体力
  • 雑工の給料:日給1.0万から1.8万

以上が雑工に関する情報のまとめです。

似たような仕事で「多能工」がありますが、雑工と多能工は違います。

大きく違う仕事ですので、区別が必要です。詳しくはまた別の記事にまとめているので、気になった方は読んでみてください。

それでは!

Return Top