施工管理の窓口|施工管理の「知りたい」を解決するメディア




ビスとは?意味、種類、ビス止め、ビス打ちの工具など

  • ビスってなに?
  • 釘やねじとの違いって?
  • 英語の意味って?
  • どんな種類のビスがあるの?
  • ビスをもむって?
  • ビス打ちの工具って?
  • 工具はどうやって選定すればいいの?

上記の様な悩みを解決します。

建設業に携わる人なら、誰でもビスと触れ合う機会がありますよね。ビスに対する知識を付けておけば現場でのコミュニケーションも捗ります。

なるべく分かりやすい表現で記事をまとめていくので、初心者の方にも理解しやすい内容になっているかなと思います。

それでは!

 

ビスとは?英語の意味

ビスとは、結論「小さなねじのこと」です。

皆さんが想像するねじの小さいバージョンを想像すれば、それはビスです。役割や使用目的はねじと同じでして「部材同士を締め付ける」という働きをします。

例えば、L字型の木材を作りたいとしましょう。

平な板と平な板を垂直に繋ぎ合わせる必要がありますよね。そこで必要になってくるのがビスでして、木材と木材をビスで繋ぎ合わせます。

ビスには「全ねじ」と「半ねじ」があります。

要はギザギザの溝部分が「全体か?半分か?」の違いです。

ギザギザがある全ねじのビスならば、より強く部材同士を繋ぎ合わせることができます。対して半ねじのビスの場合はギザギザが無い分、部材同士の隙間が少なくなります。

現場で多く使われているのは、全ねじのビスです。

また、詳しくは後ほど説明しますが「何に使われるビスなのか?」によって、ビスの種類は変わってきます。具体的には下記の様な種類が挙げられます。

ビスの種類(具体例)

  • コンクリートビス
  • 石膏ボードビス
  • 軽天ビス
  • 鉄板ビス
  • ケイカル板ビス
コンクリート専用のビス、鉄板専用のビスなど、使う相手によってビスの種類は変わってきます。

 

ビスとねじと釘の違い(英語の意味から考える)

ビスとねじの違いは、結論「大きさ(長さ)」です。

まずビスを英語で表現すると「Bis」ですが、実はBisと英語で表現することはほとんどありません。実際には「Screw(スクリュー)」と呼ばれます。

「Screw」は直訳すると「ねじ」ですので、「ビス=ねじ」という認識で間違いありません。

じゃあ何故ねじとビスを言い分けるのかというと、結論「大きさ(長さ)が違う」という話です。

そもそもビスは「小ねじ」とも呼ばれていまして、ねじの小さいバージョンがビスという訳です。「ねじ」という大きな意味の中に、「ビス」が含まれているといった形になります。

ねじは比較的長く、ビスは比較的短いです。

ちなみに釘とビスの違いは「先端が尖っているか否か」です。

釘は先端が尖っており、部材に対して打ち込んで使います。対してビスの先端も尖ってはいますが「打ち込んで」使うのではなく、「回し込んで」使うんです。

似た様な部材が多くて分かりにくいかとは思いますが、違いとしてはこの様な格好になります。

 

ビスの種類

ビスの種類は無限にありますので「あくまで一部」というのが大前提です。

 

コンクリートビス

コンクリートに打ち込むビスのことを、コンクリートビスと呼びます。

勿論、コンクリートに対してビスを回し込んでも入っていきませんので、まずはコンクリートドリルでコンクリートに穴を開ける作業が必要です。

その後、穴にビスをドライバーなどで回し込んできます。

コンクリートに穴を開ける作業は大変かもしれませんが、円の直径が小さいので、穴は小さくて済みます。ある程度作業効率が考えられています。

ALCビスと同じにされることも多いです。

 

石膏ボードビス

石膏ボード専用のビスが石膏ボードビスになります。

特徴としては、頭部が錆びにくくなっている点です。

石膏ボードは「石膏」で出来ていますから、薬品によってビスが錆びてしまいます。そこでラスパート処理と呼ばれる、下記の様な3層構造にすることで、ビス頭部を錆びにくくてしています。

石膏ビス三層構造

  • 第一層:金属亜鉛
  • 第二層:特殊化成皮膜
  • 第三層:ポリエステル

 

軽天ビス

軽天ビスはLGS専用のビスです。

相手がLGS(軽鉄)ですので、先端が尖っていて鋭くて硬くなっています。簡単な話、鉄よりも弱かったら入って行かないので強めに設計されています。

タッピングビスの一種です。

 

ケイカル板ビス

ケイカル板ビスは、ケイカル板専用のビスです。

まずケイカル板はビスを使わなくても接着材とテープでも施工可能になります。ただ、ビスでもんだ方が強く固定されますので、安定します。

ボード屋さんなんかはケイカル板ビスを使いことが多くなるでしょう。

 

ビスをもむって?

「ビスをもむ」とは、結論「ビスを回し込むこと」です。

要はビスを使って部材と部材を繋ぎ合わせることが「ビスをもむ」であり、ビスを使うことが「ビスをもむ」と表現されます。

職人さんでたまに「ビスでもんどけ!」と言う人がいますが、要は「ビスで固定しろ」って話です。ちょくちょく現場で出てくる単語なので覚えておきましょう。

語源は不明でして、ただ業界用語を言いたい人が使うのかな?という印象です。

芸能界で働く人が「ザギンでシースー」と言っているのと変わりはありません。普通に「銀座で寿司を食べる」と言えばいいのに、あえて「ザギンでシースー」と言うとそれっぽく聞こえますよね。

同様に「ビスを回し込む」ではなく「ビスをもむ」と言うことで、それっぽく聞こえます。

「業界用語知ってる俺カッケー!」なのか、「ビスをもむ」という言葉に慣れすぎているのかは人によって異なりますが、一応覚えておきましょう。

 

ビス止め・ビス打ちについて

ちなみに「ビスをもむこと」や「ビスを回し込む」は、「ビス止め」とも言ったりもします。

職人さんによって言い方が異なりますが、意味は全く同じですので覚えておきましょう。

 

ビス打ちの工具

ビス打ちには、ビス打ち機が使われます。

多くのメーカーがビス打ち機を作っており、有名どころでいけば「HiKOKI・マキタ・マックス」などが挙げられます。

選び方としては、下記の様な観点で選ぶのが良いです。

ビス打ち機を選ぶ観点

  • 価格
  • 重さ
  • 対応するビスのサイズ
  • 木質対応か鋼製対応か
  • エアダスターが付いていいるか
「価格」と「重さ」に関しては、そこまで説明する必要は無いと思います。

まず対応できるビスのサイズですが、「25mmから41mmタイプ」が主流です。「25mmから32mm」だと少し対応範囲が狭い印象です。

また、利用用途に合わせて、木製と鋼製も選ぶ必要があります。

多くのビス打ち機では両方に対応していますが、片方にしか対応していないものもあったりします。購入する際は確認が必要です。

最後にエアダスターですが、エアダスター機能があると、チリを吹き飛ばしてくれます。手元が見えやすくなり、便利なので付いている方がベターです。

 

ビスに関する情報のまとめ

ビスに関する情報のまとめ

  • ビスとは:小さなねじのこと
  • ビスとねじの違い:大きさ(長さ)
  • ビスと釘の違い:回し込むか、打ち込むか
  • ビスの種類:コンクリートビス、石膏ボードビス、軽天ビス、ケイカル板ビス
  • ビスをもむとは:ビスを回し込むこと
  • ビス打ちの工具:ビス打ち機

以上がビスに関する情報のまとめです。

ビスに関する情報は一通り網羅できたかなと思います。

似た様な部材では「ナット」があります。ナット自体はそこまで難しい話ではありませんが、ダブルナットについても情報を押さえておいたほうがベターです。

記事のリンクを貼っておくので、よかったら読んでみてください!それでは!

Return Top