セコカンICO




安全パトロールとは?チェックリスト(点検表)や指摘事項例、意義など

スポンサーリンク
  • 安全パトロールってなに?
  • 他のパトロールとはどう違うの?
  • チェックリスト(点検表)を見てみたい
  • 指摘事項の具体例って?
  • 意義はあるの?

上記の様な悩みを、実際に安全パトロールに参加していた僕が解説します。

建設業には様々なパトロールや会議がありますが、今回は安全パトロールについて、指摘事項例などの具体例を挙げながら説明していきます。

腰が砕けるくらい分かりやすく解説していくので、ご安心ください。

この記事をまとめている僕は業界最大手の電気工事会社で施工管理をした経験があります。実際の実務で学んだことを元に記事をまとめるので、それなりに信憑性ある記事になるかなと思います。

ミズノ
それでは行ってみましょう。

 




安全パトロールとは

安全パトロールとは、「現場の安全を守る為に各業者の安全担当が集って現場をパトロールすること」です。

建物はただ建設すればいいという訳ではなく「安全・環境・品質」という3つの面が優れた状態で建設される必要があります。

ミズノ
3つの内、安全パトロールでは「安全」に重点が置かれたパトロールです。

勿論、安全パトロールでも気付けば品質や環境に対する指摘はあります。あくまで「安全に重点を置いた」パトロールという訳です。

建設業において、事故が発生してからでは遅いんです。

各業者の安全担当が集まってパトロールし、「ここは危ないから改善しようね」と指摘事項を出すことによって、事前に災害が発生するのを防ぎます。

安全パトロールは下記のような流れで進みます。

安全パトロールの流れ

  • 各業者の安全担当が集まる
  • 元請けからのパトロール内容の説明
  • パトロールで危険箇所を探す
  • 会議室に集まって報告会
  • 危険箇所と是正方法の話し合い
  • 危険箇所を是正する

 

安全パトロールのチェックリスト(点検表)

厚生労働省のHPに安全パトロールのチェックリスト(点検表)が乗っていたので、引用させていただきます。ここでは「環境パトロール」と書かれていますが、内容は安全パトロールそのものです。

まず大前提として、工事の進捗によって安全パトロールのチェック項目は異なります。

躯体工事ならば足場や型枠や鉄筋に対する指摘が上がり、内装工事ならLGSやボード屋に対する指摘が上がります。工事内容によって指摘事項は変わりますので、あくまで一例と考えてください。

  • 使用前に点検しているか?
  • 正しいやり方で作業を進めているか?
  • 適切な表示がなされているか?
  • 整理・整頓・清潔・清掃がなされているか?
ミズノ
上記のようなことに対する指摘が一例です。

これといった決まりはなく、危険なポイントがあったら指摘が挙がります。監督者としては常日頃から「危険なポイントはないか?」を考えて現場を進めていく必要があります。

 

安全パトロールの指摘事項例

安全パトロールの指摘事項例①安全通路

現場では適切な安全通路を確保しなければなりません。

これが意外と大変でして、現場にはものが溢れるんですよ。躯体工事で言うなら、鳶はあちこちに足場を置き、大工はあちこちに型枠を置き、鉄筋はあちこちに鉄筋を置きます。

ミズノ
ものが溢れて通路の確保が難しい時があるんです。

例えば、安全通路内に鉄筋屋のモノが置いてあって通れない。。。とか。

安全通路を確保できなければ、関係ない業者が立ち入る際、危険なエリアへ入ってしまう可能性があります。事故の原因なので取り除く必要があります。

 

安全パトロールの指摘事項例②電工ドラム

電工ドラムを使用する際、必ずケーブルを全部引き出した状態で使う必要があります。

理由としては火災の防止です。大まかな流れとしては下記になります。

電工ドラムが燃える原理

  • 電工ドラムにケーブルが巻きついた状態で電気が流れる
  • ケーブルには抵抗があるので熱が発生する
  • 巻きついた状態だと熱がこもる
  • 電工ドラムが燃える

どれだけ近い距離だとしても、ケーブルを全部引き出す必要があります。

電気工事をやっている人なら常識ですが、電気工事をやってない人は知らない人が多いです。躯体業者などが電工ドラムを使う時は、知らない場合もあり、安全パトロールで指摘に挙がります。

 

安全パトロールの指摘事項例③段差箇所の足場

建物ができる段階では、段差箇所が多く発生します。

例えば、足場と躯体部分に段差があるとしたら、乗り移る際に転倒してしまう可能性がありますよね。安全を考えると、ステップキューブの様な適切な足場を挟むことが必要です。

ミズノ
お金も手間もかかりますが、安全を守る為には必要な安全設備になります。

 

安全パトロールに意義はあるのか?

「そもそも安全パトロールに意義はあるの?形骸化してるんじゃないの?」そう思う方も多いかもしれません。正直、新人の頃は僕も思っていました。

結論、安全パトロールに意義はあります。

安全パトロールが無かった場合について想像しましょう。

まず大前提として、安全に時間を使えば、工事の進みは遅くなります。簡単な話、安全設備を作る時間を工事に当てた方が工事は進みますからね。

安全設備に時間を使わない方が工事は早く進む

  • 安全通路を確保せずに工事を進めた方が早い
  • 電工ドラムは全部引き出さずに工事を進めた方が早い
  • ステップキューブを置かずに工事を進めた方が早い

確かに工事は早く進みます。

よって安全パトロールが無ければ、安全面は後回しにされてしまうんです。後回し後回しになって、安全設備が整ってない状態で工事を行い、事故が発生します。

安全パトロールがあることで、半ば強制的に安全設備に時間を使うことができるんです。

安全パトロールが必要か?必要じゃないか?という話なら、間違いなく「必要」になります。意義があるか?意義がないか?という話なら、間違いなく「意義がある」です。

 

安全パトロールに関する情報のまとめ

安全パトロールに関する情報のまとめ

  • 安全パトロールとは:現場の安全を守る為に、各業者の安全担当が集って現場をパトロールすること
  • 他のパトロールとの違い:安全に重点を置いている点
  • チェックリスト(点検表):上図参照
  • 指摘事項の具体例:安全通路、電工ドラム、段差
  • 意義はあるか:大いに意義はある

以上が安全パトロールに関する情報のまとめです。

安全パトロールの基礎知識は一通り網羅できたと思います。

「安全パトロールでどこを指摘すべきか?」「安全パトロール前にどこを是正した方がいいのか?」はある程度経験則によるものが多かったりします。

『前の現場ではこうだったから、多分この現場でもこうだろう』といった格好です。経験を積まないと分からない部分も多いですので、新人の方は難しいかもしれません。

ただ逆に言えば、経験を積みさえすれば、ある程度なんとかなります。

安全パトロールに関する仕事を振られたら、そこまで気負わずに、ただ適当にやりすぎる訳でもない様にしましょう。

ミズノ
また、似た様な概念で「安全衛生協議会」というものもあります。

詳しい情報を記した記事のリンクを貼っておくので、良かったら読んでみてください。

以上です。

Return Top