セコカンICO

【施工管理が解説】スターラップ筋とは?【あばら筋と同義】

スポンサーリンク
  • スターラップってなに?
  • あばら筋ってなに?
  • 何の目的で使用されるの?
  • フープ筋との違いって?
  • どんな種類があるの?

このような悩みを解決します。

本日はスターラップ筋・あばら筋について解説します。

構造設計の人でない限り細かい計算方法などは把握する必要はありませんので、概略をサラッと説明したいと思います。

ただ「どれがスターラップなのか?」「どれがあばら筋なのか?」くらいは把握しておかないと、現場での会話が通じなくなります。

「スターラップってなんですか?」とアホ面かまして鼻水垂らしてると「コイツ雑魚だな」と相手に思われ、舐められます。舐められたら自分の意見が通らなくなるので、面倒なことになります。

ミズノ
基礎の基礎くらいは抑えておきましょう。

 

スターラップ筋とは?

スターラップ筋は、結論「補強筋」のことです。

建物の強度を強める目的で使われます。(もっと言うとせん断破裂防止です。後で詳しく説明します)鉄筋をグルっと囲っているのが補強筋であり、スターラップ筋になります。

ミズノ
特にRC造なんかで見られるのがスターラップ筋です。

RC造では、基礎構造は鉄筋とコンクリートになります。

なぜ鉄筋が必要なのかというと、結論、建物の強度を強める為です。

地震が起こって倒壊したら大変ですからね。コンクリートも勿論頑丈ではありますが、鉄筋があった方が建物の強度を強めることができます。

鉄筋があれば建物の強度を確保できますが、スターラップ筋を使えばもっと建物の耐震性能を高めることができます。

 

スターラップ筋とあばら筋の違いはあるの?

結論、スターラップ筋とあばら筋は同義です。人によって呼び方が違うだけです。

個人的には、縦の配筋に使われるのがスターラップで、横の配筋に使われるのがあばら筋だと思っていたのですが。。。

ミズノ
全く同じ意味で、呼び方が異なるだけです。

実際の現場においても「スターラップ」と呼ぶ人もいれば「あばら筋」と呼ぶ人もいます。

配筋が行われるのは躯体工事ですので、工事序盤に現場で飛び交います。躯体工事中の担当者は両方の呼び方に対応できるようにしましょう。

 

スターラップ筋(あばら筋)の目的はせん断破裂の防止

スターラップ筋(あばら筋)の使用目的は強度の確保であるという話は先ほどちょろっとしましたが、もう少し詳細にスターラップ筋(あばら筋)の使用目的を解説します。

スターラップ筋(あばら筋)があることにより、せん断破裂を防ぐことができます。

ミズノ
「は?せん断破裂ってなに?」と思う方も多いかもしれません。

せん断破裂とは、結論「はさみ切られてぶっ壊れる」ことです。

はさみは紙に対して互いに反対向きの力を加えますよね。互いに反対向きの力を加えることにより、紙ははさみ切られる訳です。

建築においても同じようなことが起こります。

例えば地震が発生した際、コンクリートには互いに反対向きの力が加わります。コンクリートは耐えられる力以上の力があるとぶっ壊れますから、はさみと同じ原理でコンクリート柱がはさみ切られてしまいます。

ミズノ
これがせん断破裂であり、せん断破裂を防ぐ為にスターラップ筋(あばら筋)が用いられます。

 

スターラップ筋(あばら筋)とフープ筋の違い

スターラップ筋(あばら筋)に似たような鉄筋で、フープ筋というものがあります。

フープ筋は別名「帯筋」と呼ばれ、鉄筋の周りをグルっと囲む配筋です。使用目的はコンクリートのせん断破裂防止です。

ミズノ
となると「あれ?スターラップ筋(あばら筋)と同じじゃね?」と思う方もいるかもしれません。

結論、同じものだと思って大丈夫です。

  • 使用目的
  • 形状
  • 働き

どれもスターラップ筋(あばら筋)とフープ筋は同じです。

じゃあ何故、別の呼び方で呼ばれているのかというと、使われている場所が違うんです。

スターラップ筋(あばら筋)は横に伸びている配筋をグルっと囲み、フープ筋(帯筋)は縦に伸びている配筋をグルっと囲みます。

ミズノ
梁に使われるか?柱に使われるか?がスターラップ筋(あばら筋)とフープ筋の違いです。

 

スターラップ筋(あばら筋)の種類

基本的にスターラップ筋(あばら筋)はU字型のものが用いられます。

当たり前といえば当たり前ですが、鉄筋を囲むのがスターラップ筋(あばら筋)ですから、U字型が一番メジャーです。(梁はだいたい四角だから)

ミズノ
ただ、梁の形によってもスターラップ筋(あばら筋)は変化します。

梁が四角形だとしたら鉄筋も四角形になるので、必要になるスターラップ筋(あばら筋)はU字型です。ただ梁が円形だとすると、鉄筋も円形になり、スターラップ筋(あばら筋)も必然的に円形になるという話です。

「円形の柱なんてあるの?」と思う方もいるかもしれません。

結論、あります。

意匠に凝ったところですと、見栄えを良くする目的で梁が円形になったります。アーチっぽいやつですね。有名な建築家がデザインした現場とかだと、見かけるかもしれません。

ミズノ
施工する側からすると面倒くさくて仕方ないですけどね。

 

スターラップ筋・あばら筋まとめ

スターラップに関する情報まとめ

  • スターラップ筋=あばら筋=補強筋
  • 梁配筋(横の配筋)をグルっと囲む
  • 使用目的は「強度の確保とせん断破裂防止」
  • 柱の補強金がフープ筋、梁の補強金がスターラップ
  • U型のものがメジャーだが、稀に円形のものも使われる

以上がスターラップ筋(あばら筋)に関する情報のまとめとなります。

躯体業者って割とタチが悪いイメージがありまして、施工管理からすると管理するのが大変な気がしてます。やはり言うことを聞いてもらうには、舐められないことが最前です。

「現場知ってるな」と思われれば舐められませんし、「コイツ現場知らない雑魚だな」と思われれば舐められます。

現場の知識はあればあるほど良いです。

ミズノ
キッチリ勉強して、現場を収められるようにしましょう。
Return Top