施工管理の窓口|施工管理の「知りたい」を解決するメディア




FEP管とは?サイズ、特徴、定尺、メーカー、波付の理由など

  • FEP管ってなに?
  • 特徴について知りたい
  • メーカーは?
  • 何で波付になってるの?
  • 関連部材はどんなものがあるの?
  • 施工する上での注意点って?

上記の様な悩みを解決します。

FEP管は他の電線管とは大きく異なった特徴を持ち、用途としても明確に区別される電線管です。どの現場でも頻繁に出てくる電線管ですので、基礎知識は抑えておきましょう。

この記事ではFEP管とは?といったところから、サイズ、特徴、定尺、メーカー、波付の理由、関連部材、施工の注意点などについて解説していきます。

なるべく分かりやすい表現で記事をまとめていくので、初心者の方にも分かりやすい記事になっているかなと思います。

それではいってみましょう!

 

 

FEP管(フェップ管)とは?

FEP管とは「波付硬質合成樹脂管」のことです。フェップ管と言ったりしますね。

「波付」というのは写真から見ても分かる通り、電線管が波打った感じになっています。「硬質」というのはそのままの意味でして、触る硬いです。そして合成樹脂で出来ています。

まとめると「波打っていて硬い合成樹脂で出来た電線管」と言ったところでしょうか。

FEP管の英語

  • F:Flexible(柔軟性のある)
  • E:Electric(電気の)
  • P:Pipe(管)

ということで、直訳すると「柔軟性のある電線管」ということです。とはいえ、柔軟性のある電線管は数多く存在するので、直訳はあまり気にしなくて良いかなと思います。

FEP管は電柱からの引き込みの際によく使われる電線管でして、地中に埋設されることが多いです。

 

FEP管(フェップ管)のサイズ表

サイズ 外径 内径 厚み 面積 面積0.32掛け
FEP30 40 30 1.5 706.5 226.1
FEP40 54 42 1.5 1384.7 443.1
FEP50 65 50 1.7 1962.5 628.0
FEP65 85 66 1.9 3419.5 1094.2
FEP80 102 80 2.1 5024.0 1607.7
FEP100 130 100 2.2 7850.0 2512.0
FEP125 160 125 2.4 12265.6 3925.0
FEP150 189 150 2.8 17662.5 5652.0
FEP200 253 200 3.5 31400.0 10048.0

ここで面積の0.32掛けを示したのは、電線の収容可能面積を示したいと考えた為です。

電線の電線管に対する占有率は32%ですので、内断面積に対して0.32をかければ、電線の収容可能面積を求めることが出来ます。

電線のサイズ選定の参考にしてみて下さい。

 

FEP管(フェップ管)の特徴

その①軽い

FEP管のまず一つ目の特徴として「重量が軽い」という点が挙げられます。

勿論、大きなサイズのいかつい奴はそれなりに重いですが、合成樹脂管ですので金属管よりは軽いです。軽いので持ち運びが楽です。施工する側からすると、かなり助かります。

 

その②強度が高い

「硬質」と銘打っているだけあって、FEP管は硬いです。

PF管やCD管は強度が弱いので、現場で誰かに踏み潰されてしまうことがあります。その点、FEP管は強度が強く硬いので、踏まれても全然平気です。

外からの衝撃に強く、キッチリ中の電線管を保護してくれるのもFEP管の強さです。

 

③可とう性がある

「可とう性がある」というのもFEP管の強さです。

金属管を曲げようと思ったら、ベンダーを使用しなければなりません。大変ですし、技術も必要です。時間がかかるので、工数もかかります。

FEP管は可とう性があるので、簡単に曲げることができます。

施工性も良いのがFEP管です。

 

その④数多くの耐性がある

FEP管が持つ耐性

  • 耐寒性
  • 耐薬品性
  • 耐油性
  • 耐水性

FEP管は上記のように数多くの耐性を持っています。

よって、地中埋設以外にも幅広い環境で活躍します。屋内外問わず、露出配管として利用できる為、使い勝手が良いです。

 

その⑤耐熱性が低い

FEP管の大きな弱みとして、「耐熱性が低い」という点が挙げられます。まあ、樹脂ですからね。

近くで溶接が行われている場合、その火花が飛び散り、FEP管が燃えてしまう可能性があります。FEP管は地中埋設で使われることが多いので、地中埋設の場合は大丈夫ですが、それ以外の場合は施工場所を考える必要があります。

とはいえ、近年は耐熱性の高いFEP管も販売されています。

よって、「FEP管の耐熱性は低い」という短所の解決策としては、下記です。

  • 火花が飛び散る可能性のある場所にはFEP管は使わない
  • もしくは耐熱性の高いFEP管を使用する

 

FEP管(フェップ管)を作っているメーカー

FEP管を制作しているメーカー

  • 古河電工
  • 未来工業
  • カナフレックス
  • TOTAKU
  • 東拓工業
  • クリモトポリマー

この中では古河電気工業のエフレックスが有名で、現場では「エフレックス」と呼ぶ人もいるくらいです。メーカーによって微妙に呼び方が異なるのもポイントになります。

ほとんどの現場ではメーカーが選定されていると思いますので、各所取引先のFEP管を使います。

 

FEP(フェップ管)が波付になっている理由

FEP管の表面ってボコボコ波打ってますよね。

その理由は、ケーブル引き込み時の摩擦係数を低くする為です。

金属管のように表面がボコボコ波打っていない場合、電線と電線管の接触面積が大きくなります。大きくなればなるほど、摩擦が発生し、電線が傷ついてしまいます。

FEP管はボコボコ波打っているので、電線との接触面積が小さくなっています。よって、電線を引き込む際も電線が傷つきにくいですし、引き入れがしやすいです。

無駄にボコボコ波打っている訳ではなく、理由がある訳ですね。

 

FEP管(フェップ管)の関連部材

FEP管(フェップ管)の関連部材

  • コンビネーションカップ
  • カップリング
  • ベルマウス
  • etc…

 

FEP管(フェップ管)を施工する上での注意点

30m以上FEP管を使用する場合は、ハンドホールを設置しなければなりません。

これは地中埋設の場合ですね。

大型現場の引き込みではよく使われますので、大型現場で外構工事を行う方はFEP管が30m以上にならないように注意が必要です。

 

FEP管(フェップ管)に関する情報まとめ

FEP管(フェップ管)に関する情報まとめ

  • FEP管とは:波付硬質合成樹脂管
  • FEP管の良さ:軽い、強度がある、可とう性がある、数多くの耐性がある
  • FEP管の悪さ:基本的に耐熱性はない(耐熱性のあるFEP管も出始めている)
  • FEP管を作っているメーカー:未来工業、古河工業、カナフレックス等
  • FEP管が波付の理由:電線との摩擦を減らす為
  • FEP管の関連部材:コンビネーションカップ、カップリング、ベルマウス等
  • FEP管を施工する上での注意点:30mを超える場合はハンドホールを設置する

上記がFEP管(フェップ管)に関する情報のまとめです。

一通り基礎知識は網羅できたと思います。

FEP管以外にも電線管は多種多様にあります。現場では様々な電線管を使い分けていきますので、別の電線管に関する情報についても抑えておきましょう。

下に分かりやすい記事のリンクを貼っておくので、よかったら読んでみて下さい。

それでは!

Return Top